【おかゆさん】スクールカースト7話 ネタバレ・感想情報【ピアノ講師と発表会に向けて秘密の特訓】

スクールカースト

ハンディコミックで無料試し読みができます。

まずは無料でチェック♪

無料で試し読み

▽   ▽   ▽

“ハンディコミック”をクリック

>>ハンディコミック<<

「スクールカースト」で検索すればでてきます。

スクールカースト7話 ネタバレ・感想【卑猥なピアノレッスン】

 

6話をまだ読んでいない方はこちらから読めます

>>前回のネタバレ情報<<

 


 

6話までとは変わり

 

7話は新しい人物の登場

 

お嬢様の静子

 

静子はピアノレッスン中

 

後ろで見守る先生の

 

硬くなったアソコが

 

当たる感触がする

 

「背中に・・・アソコが・・・」

 

「静子クン今日は音が乱れているね」

 

と動揺する静子に対し、先生は冷静に問いかける。

 

「心が乱れているといい音が出ませんよ」

 

「は・・・はい・・あっ」

 

そうやって抵抗してこない静子を見て

 

先生は、後ろから一気に

 

静子のおっぱいを揉みしだきます

 

「はぁはぅぅん・・・せ・・・先生・・!!」

 

と身体が反応してしまう静子

 

「集中してください。音が乱れますよ」

 

といいながら乳首をコリコリと攻める

 

声が漏れてしまう静子にどんどんと

 

行為はエスカレーとしていきます

 

胸からお尻、膣内まで

 

そうすると静子からの懇願

 

「先生・・・私・・どうしても集中できなくて・・・」

 

「やれやれ仕方ないですね・・・」

 

「私が誘ったわけではないですよね?

 

と見事に言質をとる

 


 

 

スクールカースト
地味なクラスメイト

スクールカースト

ハンディコミックで無料試し読みができます。

まずは無料でチェック♪

無料で試し読み

▽   ▽   ▽

“ハンディコミック”をクリック

>>ハンディコミック<<

「スクールカースト」で検索すればでてきます。


スクールカースト 7話 感想【リズムを身体におぼえこませる】

 

レッスンの続きは、身体でリズムを覚えること

 

それは、先生の一突き一突きのリズム

 

まさに立場を利用したレッスンです。

 

集中を乱さないためのセクハラと

 

我慢できなくなった静子から懇願させる

 

持って生き方は素晴らしいですね

 

いやらしい汁が出るのは雑念の証拠

 

そう思わされている静子は、

 

自ら快楽をむさぼるかのように先生を求めてしまう。

 

そんな調教をされてしまったようです。

 

この7話も女性の表情などの描写が

 

たまらなく好きです♪

 

本当に感じている

 

気持ちいい

 

そんな感情がよくでてます。

 

これは8話も期待です♪

 

 

 

スクールカースト

ハンディコミックで無料試し読みができます。

まずは無料でチェック♪

無料で試し読み

▽   ▽   ▽

“ハンディコミック”をクリック

>>ハンディコミック<<

「スクールカースト」で検索すればでてきます。

スクールカースト
地味なクラスメイト